出会い指南第三十二章 アポ取り② 出会い指南ブログ
FC2ブログ

出会い指南ブログ

元出会い系管理者が出会い指南を公開していきます。このブログを見て素敵な出会いが見つかりますように!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


出会い指南第三十二章 アポ取り②

出会い指南第三十二章
 アポ取り②
] 2008/06/02(月)

今回も前回に引き続き、懇意になった女性と実際に会う為に、どのように話を持って行けば良いのかについて解説したいと思いますが、主に「してはいけないこと」についてお話ししたいと思います。


■本気で出会いを求めるなら絶対にしてはいけないメール■

もしあなたが本気の出会いを求めている場合、せっかく同じく本気の出会いを求める女性を見つけたのに、ファーストコンタクトで失敗すると、始まるはずだった関係も始まらない、という事があります。
例えば、稀にいらっしゃるのですが、猜疑心に溢れたメールを送られる方がいます。女性に対して不信感を抱いているという事ですね。これは何よりも女性を不快にします。そのようなメールを受け取った場合、返信が返ってくるどころか、受信拒否をされる可能性だってあります。
しばしば見られる例としましては、「ここのサイトは本当に活動しているのでしょうか?メール出しても業者やサクラばかり……。○○さんは実在する素人の方ですか?」というものがあります。例えばこれを受け取った女性が出会い系初登録だった場合、何の事を言っているのか全く分かりません。“業者”“サクラ”“素人”というのは、出会い系などを長くやっている人にしか分からない用語ですし、しかしながら「実在の人なんですか?」と存在を疑われている事だけは分かるのです。実際こうして出会い系をしているのに、存在性を疑われ、何かのイタズラなどと思われることに不快感を感じない女性は居りません。女性は他の女性のメール状況を知っているわけではありませんので、サイトが動いているかと尋ねられても分かりませんし、他の女性と比べられても困ってしまいます。さらには、他にもたくさんやり取りを試みた上で自分にアプローチしてきたのかと思うと、なんだか二の次にされているような感じを受けて、嬉しくありません。例えその女性にアタックするのが10人目だとしても、いつも「初めにあなたにメールしたいと思った」という“振り”をしておくのが吉です。

とりあえず、女性疑ってはいけません。もし冷やかしだとしても、女性を騙したり疑ってばかりの男性よりは、黙って騙されているくらいがちょうど良いのかも知れません。その内に審美眼が備わってくると思いますよ。
女性を疑うようなメールを送ると、例えその答えがYESだとしてもNOだとしても、ほとんどの場合メールは返ってきません。わざわざ「私は業者などではありません」と返してくるような稀有な女性は珍しいですし、自分でそう言う女性に限って怪しかったりしますので、そもそも疑いを尋ねるようなメールは不毛です。
本気で出会いを求めているならば、このような意味のない(むしろ出会いを逃す)メールは避けましょう。


■やり取りをする上でしてはいけないメール■

稀に、コンスタントに女性とやり取りをしていたのに、一時的に女性側からのメールの返信が遅れる事があります。そんな時に、「返事下さいませんか」「もしかして冷やかしですか」「業者だったんですね」と立て続けにまくし立てる男性が居ます。女性だって働いていたり、学校に行っていたり、主婦で食事の支度があったり、友達と電話をしていたりと、いつでもすぐにメールを返信できるとは限りません。例えあなたがいつでも暇でメールできるとしても、相手も同じ状況だと勝手に決めつけてはいけません。せっかちにメールの返信を催促する男性は嫌われがちです。自分がメールしたのだから同じ分返して貰わないと気が済まない、という考えは捨ててしまいましょう。出会い系に於いては、男性は女性に選んで貰う立場だとお考え下さい。3通メールして、3日後に1通返ってくるようなペースでも、笑って喜べるくらいのおおらかさを持ちましょう。そうすれば、自然と女性もあなたの心の寛さに引かれ、こちらから誘わなくても「会いたい」と思うようになるでしょう。


■女性が答えようのないメール■

今回は「デートの誘い方」についての解説ですが、前回も言いましたとおり、1通目2通目で「会いたいです」と言って、「はい、そうですね」とついてくる女性は居ません。ですので、初めましてのメールで「まず会ってみませんか?」と言うのもNGです。「まずお互いをよく知る為に手っ取り早いと思うので…」と言いますが、メールの方がよっぽど手っ取り早くやり取りできます。よく相手を知りもしないのに「実際に会ってみれば…」と言い出すのは、どう考えてもがっついているように感じられてしまいます。女性は“追うと逃げる”ということを覚えておきましょう。

デートとは、本来たくさん想いを募らせて初めて実現するものです。いきなり会っても、お互いに何をどうして良いのか分からず、気まずい空気が流れてしまう事もしばしばございますので、デートに誘う前までに女性と十分うち解ける事をまず目指しましょう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

16:46 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

☆出会い指南ランキング☆

==1位==
近所のエッチな女の子


==2位==
セフレナビ


==3位==
恋人サーチ


==4位==
ご近所@ナビゲーション


==5位==
裏ソーシャルネットワーク

相互リンク&広告募集

元管理人
masatshi_2008☆yahoo.co.jp
広告主様、募集してます。 お気軽にお問い合わせ下さい。 著作権とか問題があれば直ぐに対応するのでメールでご一報ください。 相互リンクも激しく募集してます。 上のアドレスまでどんどん送って下さい ☆の所は@に変えて下さい

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。